太宰治〜聖書を中心として〜(書籍)

「聖書と太宰」これを知らずしては太宰の小説に込められた祈りや苦悩を読み解くことはできない。作品の深いところに分け入るためのガイドとして一読したい。

【著者】(「BOOK」データベースより)
木村将人(キムラマサト)
昭和17年(1942)、青森県黒石市生まれ。東奥義塾中・高校を経て、昭和42年、東洋大学文学部国文学科卒業。以後、青森県各地で中学校教師を勤める。その間、へき地教育10年、生徒指導専任教諭9年、知的障害学級担任7年を経験する。平成13年3月、定年まで2年を残して、34年間の教師生活を終える。 

【目次】
 第1章 太宰治と聖書との出会い
 第2章 聖書への祈り
 第3章 聖書との格闘
 第4章 聖書への期待-待つ、ということ
 第5章太宰治と人間キリスト


 サイズB5判

■こちらの商品は、1点までDM便200円で配送可。
販売価格
1,470円(内税)
購入数